妊婦のむくみのメカニズムと原因について

妊婦がむくむ原因

妊婦のむくみは、血液の増加や血流の流れが悪くなることが原因です。

 

血液は赤ちゃんに栄養を運ぶために大切な役割をはたしてくれるため、妊娠すると全身の血液が増加します。血液が増加することで体内の水分も増加するのでむくみやすくなります。

 

また普段よりおなかに負担をかけないように外出が減り、運動不足や同じ姿勢でいることが多くなります。体を動かす機会が減り、血液の循環が悪くなることもむくみにつながります。

 

妊娠後期になると体重もどんどん増加していきます。体型が変化することで衣服の締め付けで血流が悪くなる人もいます。また、子宮が圧迫されることで下半身の血流も悪くなります。

 

むくみが始まる時期とその期間

 

妊娠中期から後期にかけてむくみがひどくなります。特に妊娠後期はほとんどといっていいほどむくみに悩まされる人が多いです。

 

むくみが始まる理由

妊娠中のむくみ対策
妊娠初期は少しむくんでいてもあまり気にならない人もいます。ほとんどむくまない妊婦さんもいます。

 

妊娠後期になるにつれておなかが大きくなり、辛くなります。この頃になると多くの妊婦さんがむくみを感じやすくなります。

 

妊婦がむくむ原因でも紹介した通り、血液量が増えむくみが始まります。妊娠後期になるにつれ、どんどん血液とともに水分も増えていきます。増加した水分の処理をしてくれる働きをする賢臓の機能が追いつかなくなり、むくみやすくなったり悪化したりします。

 

むくみが解消される時期

 

妊娠に伴うむくみは、多くの場合出産すると自然に解消します。出産直後はむくみが悪化する可能性がありますが、それでもほとんどの女性は2週間くらいたつと治ってきます。

 

いつまでもむくみがひかない、むくみがひどくなったなど、気になることがある場合は産婦人科の先生に相談しましょう。

 

妊婦のむくみは主治医に相談しましょう


 

妊娠中にむくまないために気を付けること

 

妊娠中むくみがつらい場合は必ずお医者さんに相談するようにします。

 

お薬やサプリメントなどに頼るのは止めましょう。

 

ただ、むくみを軽くするためにできることもあります。ここでは、むくみが軽い場合の妊婦さんができるむくみ対策をご紹介しますね。

 

体調に相談しながら無理せずに、むくみがひどい場合は必ずすぐにお医者さんに相談しましょう。

 

妊娠中毒症や他の症状が隠れている場合があります。
妊婦さんは特にむくみを軽く考えないようにしましょうね^^

 

妊婦さんにおすすめのむくみ対策

  • マッサージをしてリンパの流れをよくする
  • マッサージをするとリンパの流れはもちろん冷えも改善します。リンパの流れを良くし体の老廃物をだします。

     

  • 塩分は控えめ、カリウムを多く含む食事をする
  • カリウムは体の余分な水分を排出し塩分も尿として排出してくれる働きもあるます。

     

  • ウォーキングや軽い運動をする
  • 無理のない程度に短い時間でも毎日ウォーキングをして適度な運動を心がけましょう。最近はマタニティヨガやマタニティスイミングも流行っているのでおススメです。

     

  • 半身浴やフットバスで温める
  • 冷えはむくみの大敵なので体を温めるといいでしょう。とくに妊娠中は足がむくみやすいためフットバスで足だけ温めてもとってもいいです。

     

  • たくさん睡眠をとる
  • 寝不足はイライラの原因なのでたくさん寝てイライラしない環境を作ります。ストレスや疲労もむくみの原因の1つなのでまずは無理をしないことが大切です。なるべくストレスなどを感じないリラックスできる環境を作り生活するのが一番です。

 

 

 

それでもむくんでしまったら

だるいむくみは足を高くするとずいぶん楽になります。横になってクッションなどを使い少し高くしてあげると下にたまった血液がもとの場所に戻ります。

 

また着圧ソックス、弾性ストッキングなどのむくみ解消グッツを利用するのもいいと思います。

 

最近はむくみで悩んでいる人も多いのでむくみ対策グッズはたくさんあります。妊婦さんの場合は、産婦人科のお医者さんや看護師さんに相談するとアドバイスをもらえます。

 

妊娠に伴うむくみはほとんどの人が経験します。むくみを気にしすぎてストレスになることは悪影響です。

 

お医者さんに相談して妊婦さんならではのむくみレベルですと言われた場合は軽い運動や食生活を整えながらあまり気にしないようにしましょう。

 

 

妊婦さんのストレスはむくみの大敵


 

 

関連ページ

冷え性とむくみ
むくみで悩む人の多くは冷え性という結果が出ています。冷えて細くなってしまった血管では血の巡りも悪くなり、むくみの原因の余分な水分や老廃物が流れません。むくみを治したいなら一緒に冷え症を改善するのがおすすめです。