むくみ解消成分別にカテゴリーわけをしています

むくみの原因と解消に効果的な成分について

むくみに効く成分

 

むくみの主な原因は塩分の摂り過ぎで起きます。

 

ナトリウムとカリウムのバランスがおかしくなってしまって、体液が皮膚の方に浸潤(流れ出てきてしまいます。飲み会や外食などの翌朝むくみやすいのは、味付けの濃いお料理をたくさん食べて塩分過多になっているためです。

 

普段から外食が多かったりお料理の味付けが濃い人で1日中毎日むくんでいる人は、むくみ解消の成分を新しく取り入れるよりも塩分を少し減らしてみるだけでもかなり改善する場合があります。

 

また、午後や夕方近くになって足が浮腫んでしまう人はめぐりが悪い場合が多いです。

 

ドロドロしてしまっているめぐりだったり、衰えた筋力だったりと理由はさまざまですが、流れが悪く重力に逆らって水分を上部へと流すことができないためです。

 

むくみを解消する成分にはそれぞれの役割があり、そのひとつだけを多量にとっても効果は少ないどころか悪影響がある場合もあります。いろいろな成分をしっかりまんべんなく取り入れることが大切です。

 

むくみに効く成分

むくみを解消する成分の紹介

※かぼちゃも100gあたり430mgとカリウムを豊富に含む食材です

 

 

むくみを解消するために効果的な成分とその効能のまとめになります。ぜひ参考にして、普段のお食事などに取り入れてみてくださいね♪

 

カリウム

 

カリウムが塩分の主成分であるナトリウムとのバランスを良好に保てなくなるとむくみが起きます。

 

むくみ解消にはカリウム!と暴飲暴食でとりすぎた塩分を排出しようとカリウムサプリを多量に飲む方がいますが、カリウムの過剰摂取は重篤な副作用が出る場合があります。

 

一番健康的に摂れるのは食材から取り入れることです。カリウムが多く含まれている食材をコンスタントに食べるようにしましょう。ただし、水に溶けやすい性質があるので茹でたりするとカリウムが溶け出してしまいます。煮汁も食べるか、電子レンジなどを上手に活用しましょう。

 

また、サプリで上手に摂り入れるのも有効です。サプリメントに頼る場合はマルチビタミンのようにさまざまな成分が少しずつ摂れるものや、むくみ対策に特化した総合サプリがおすすめです。

 

カリウムを多く含む食材

アボカド、かぼちゃ、ほうれん草、抹茶、ココア、切り干し大根、バナナ

 

ポリフェノール

 

血液をさらさらにして流れを良くし、老廃物などが排出されやすい体を作ります。

 

日本国内で唯一「市販むくみ薬」として承認されているアンチスタックスも赤ぶどう葉から抽出されたポリフェノールでできています。

 

関連ページ

 

また、多くのむくみ解消サプリにも赤ぶどう葉や茶カテキンなどのポリフェノールが配合されています。

 

ポリフェノールを多く含む食材

コーヒー、緑茶、赤ワイン、チョコレート、トマト

 

シトルリン

 

利尿作用や血流を良くする事で体の中の老廃物を排出しようとする働きがあります。

 

むくみだけでなく冷え症などにも効果があり、代謝があがるためにダイエット効果もあると言われています。

 

うり科の植物に多く含まれています。

 

カリウムを多く含む食材

スイカ、ウリ、冬瓜、メロン

 

メリロート

 

マメ科の植物です。

 

利尿作用がある事からむくみに効果のあるハーブとして西洋では昔から重宝されていました。

 

サプリメントなどが開発され飲みすぎなどによる過剰摂取が原因で腎機能への副作用が報告されています。早く効果を出したい、大きな効果を求めたいなどと思う場合もありますが、必ず規定量を守ることが大切です。

 

成分だけでなく摂取量をまもってむくみに効く成分をしっかりとろう


むくみ解消に効く成分について記事一覧

赤ぶどう葉成分入りのむくみサプリまとめ【+α成分に注目】

赤ぶどう葉について赤ぶどう葉に含まれるポリフェノールはむくみの原因であるドロドロ血液をサラサラにしてめぐりを良くしてくれる成分です。医薬品のアンチスタックス(むくみ薬)にも使用されている西洋ハーブです。西洋(ヨーロッパ)では、ハーブを昔から東洋における漢方薬のように医薬品として扱ってきました。その中...

≫続きを読む

カリウムサプリのおすすめ【むくみに効く+α成分に注目】

カリウムとむくみについて体内のイオンバランスは、ナトリウムとカリウムで保たれています。外食やコンビニ食、塩分過多な食生活の現代ではナトリウムは摂取過剰、反対にカリウムが不足しているのが一般的です。そのため体内のイオンバランス(浸透圧)がくずれ、体液が皮膚側に浸潤してきてしまうためにむくみが起こります...

≫続きを読む