自律神経とむくみについて

自律神経とは

自律神経とは体の循環や血流、呼吸や消化など体で感じたことを自分の意思とは関係なく無意識に体の機能を調整している神経です。

 

自律神経は起きているときはもちろん寝ているときも常に働き続けています。

 

自律神経は交感神経副交感神経の2つの種類にわかれて働いています。

 

 

交感神経と副交感神経の働き

 

交感神経と副交感神経は体の動きについて働く神経です。

 

交感神経と副交感神経の2つの神経は全く逆の働きをします。自律神経はこの2つの異なる神経で成り立っています。

 

 

  • 交感神経-興奮したり走ったり体が活発な動きをしているときに働く
  • 副交感神経-体がリラックスしているときや寝ているときに働く

 

自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働きバランスをとることによって正常に機能しています。

 

自律神経が崩れるとむくみの原因になります


自律神経とむくみの関係

自律神経が乱れるとむくんでしまいます。

 

自律神経が乱れとは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることです。

 

交感神経と副交感神経のバランスがうまくとれない事もむくみの原因になります。

 

自律神経が乱れる原因

 

自律神経が乱れる原因の多くはストレスと言われています。

 

ストレスにも種類があります。例えば、睡眠不足や仕事での疲労などの肉体的なストレスや、不安があったり人間関係の悩みなどの精神的なストレスがあります。

 

ストレスがたまると交感神経が働きすぎてしまい副交感神経とのバランスがとれなくなります。これが自律神経の乱れです。

 

交感神経ばかりが働いてしまう状況が続いてしまうと体が疲れてしまい休まりません。

 

まずはむくみがひどいときは興奮するようなことは避けゆっくり休むことを意識するといいと思います。

 

 

自律神経が乱れて起きる症状

自律神経が乱れることによって、体にはさまざまな悪い症状がひき起こります。

 

自律神経の乱れで起きる症状例

 

  1. 血行が悪くなる
  2. 交感神経には血管を収縮させる働きがあるので血行が悪くなります。また血行が悪くなると冷えの原因になります。手先足先の血行が悪くなったり、冷え性になりやすくなる事はむくみの原因になります。

     

  3. 睡眠不足になる
  4. 交感神経が活発な時は脳が興奮状態になるのでなかなか眠れず睡眠不足になり疲れが溜まりやすくなります。睡眠不足で疲労物質が溜まってしまうとむくみになりやすい状態を作ってしまいます。

     

  5. ライラしたり感情が不安定になる
  6. ちょっとしたことでイライラしたり落ち込んでしまったり神経が過敏になり交感神経が働きすぎてしまいます。

 

自律神経が乱れると起きること


自律神経の整え方

まず自律神経を整えるには、規則正しいリズムや食生活で毎日を過ごすことが大切です。また、大きなストレスを感じることも自律神経の乱れを引き起こします。

 

ただ、規則正しい生活やストレスを感じない生活を送りたくても送れない場合も多いですよね。その場合はしっかりと休養をとる日や、ストレス発散などの趣味を持つことがおすすめです。

 

 

ストレスや生活態度の他には、ホルモンバランスを整えることで自律神経のバランスも整えることができます。

 

ホルモンバランスは自律神経をコントロールしてくれます。

 

ホルモンバランスもストレスや健康状態で崩れやすいものでなるべくリラックスできる環境を作ると自律神経とホルモンバランスの両方が整えられます。

 

ストレスは健康にとても影響があるのに軽視されがちです。また、こわいのはストレスは気づかないうちに溜まってしまうことです。

 

 

ストレス発散をするには

 

毎日の生活環境を意識して見直して整えていきましょう。

 

ストレスは家庭や仕事で誰もが感じるものです。

 

そんなときは、軽く運動して体を動かしたり、自分の趣味に没頭したり、ガムを噛むこともおススメです。ガムを噛むことでセロトニンという物質が分泌されます。セロトニンは緊張した気持ちをリラックスさせてくれる物質と言われています。

 

 

自律神経は血流や睡眠不足、緊張などの筋肉のこわばりなどを引き起こすため、むくみの原因に深くかかわっています。

 

むくまないようにするには自律神経を整えることもとても大切です。

 

 

また自律神経の乱れはむくみだけではなく頭痛やだるさ、さらに悪化するとうつなども引き起こしてしまう可能性もあります。上手にストレス発散できる事や規則正しい生活を取り入れるようにして、なるべくバランスを整えてあげましょうね^^